税金の相談が必要な事もある車の売却や買取

税金の相談が必要な事もある車の売却や買取

車の売却を行うと、たまに納税の手続きが発生する場合があります。

 

車の売却は、いわゆる譲渡というくくりになりますね。今まで持っていた車の保有権を解除する事になり、また別の方に譲り渡すことになるからです。このため税法上では、車の売却に伴う利益は譲渡所得という扱いになるようですね。雑所得などとは、また少し違うようです。

 

ところで車を売却すると、たまにかなり高い金額になる事があります。数百万円以上で売却できる事も、稀にありますね。高級車や輸入車などの場合は、それ位高い金額で売ることも決して珍しくありません。

 

となると、その譲渡所得に伴って納税の手続きが発生する事があるのです。事例は非常に少なめではありますが、たまにあります。一般的には、50万円以上の利益が発生すると確定申告をしなければならない事が多いようですね。

 

では確定申告を行ってしまうとどうなるかというと、ちょっと面倒になります。それを忘れてしまいますと、また追加で税金が発生してしまう事があります。滞納金のようなものが発生してしまい、かなり大きな金額での税金が発生してしまう事があるのです。しかもそれは車を買えるほど大きな金額だそうです

 

このため車を売却に伴って大きな利益が発生した時には、ちょっと税務署に相談した方が良いと思います。もしくは税理士に相談するスタイルでも構いませんが、その場合は依頼費用がかかります。
ミラ 下取り

 

ちなみに法人の場合は、車を売った時に色々と税金のやり取りで頭を悩ませている事も多いようですね。ですので法人が車を売却した時には、しばしば税理士に相談しているのですが。まとまった台数を売った時などは、法人は専門家の方に相談している事も多いと思います。
このように車売却というのは、しばしば納税手続きなどが関係してくる事がある訳ですね。